ベトナムより 買付け日記 2

19日

さわやかな目覚め。体調も戻ったみたい!

今回泊まったL Hotel。
実は8年ほど前、OL時代にも一度滞在したことがある。
初めてパックツアーの旅を卒業し、友達と二人、ちょっと緊張しながらサイゴンとニャチャンを旅した。

小さな家族経営のホテルで、たしか1泊30ドルくらい。(一人15ドル)朝食付き。

しかし今回訪れてみると、若干の変化が。。
1、エレベーターが付いていた!
2、朝食メニューがFIXメニューから、好きなものを頼めるスタイルに!
(でも前の方がよかった。手絞りのフレッシュジュースがなくなってた)
3、オーナーが代わってスタッフもみんな変わったらしい。

今回のささやかな目的として、以前泊まったときにフロントの女の子と一緒に撮った写真を渡したかったのです。
アキコ、わざわざ実家でその写真を探し出し、持ってきていたんですが。

彼女を知っているスタッフはすでに一人もいなくて、結局渡せなかったのです。残念だけど、まあしょうがないよね。

アオザイが似合うあのカワイイ子はきっと結婚して、赤ちゃんが生まれて、サイゴンの郊外で幸せに暮らして、たくましいママになっている。

と 得意の妄想で満足することにする。


Hさんとの待ち合わせの前に、ひとりでぷらぷら散歩。
バイクの数が半端なく、信号が変わった瞬間、

ばばばばばばばばばばばば

フレンチコロニアルな建物が並ぶ優雅な町並みにたくましく響いて、なんか元気になる。


8時半にHさんと待ち合わせて、バス(約15円)でマリア様の教会へ。
でも残念ながら教会グッズの売店は定休日。しかもこのお店、教会の中ではなく、道を渡って小学校の門を入って敷地の奥にある。一人で行ったら絶対に分からない場所でした。
フランスの帰りにまた寄ることにする。

続いて中央郵便局。天井が高くてクラシックな建築。床のモザイクタイルも美しい。素敵な絵柄の切手をたくさん手に入れました。

再びバスに乗り、ベンタイン市場へ。ここが本日のメインです!

ベトナムらしい、シルクに刺繍をほどこした小物・山のように積み上げた様々な生地・天井からぶら下がる大量のリボンやレース。。。

まるで体育館のような建物の中に、ありとあらゆるもの人がごった返していて、熱気と湿気がすごい!

若干立ちくらみ状態だったアキコですが、気を取り直して端から見ていく。

ここで前夜のHさんとのスクラップを見ながらのミーティングが功を奏した。ただ闇雲にここを見ても何も選べない。

Hさんは私がもってきたイメージやアイテムに向かってまっすぐに進んでいってくれるんです。

ベトナム刺繍やフランス刺繍もできるし、生地や糸の質を見分ける眼ももっていらっしゃる。そしてベトナム語でお店の人とも気さくにコミュニケーションをはかりながら買うので、時間の効率も良い。

本当に感謝です

生地やパーツの後は、Hさんの妹さんの知人である市場内では珍しくステキな雰囲気のお店で、バッグやアクセサリーを卸してもらった。



今夜は23:05発のヒコウキでフランスへ向かう。

仕入れたものを日本から持ってきた小さい方のスーツケースに詰めて、Linh Hotelに預ける。帰りにトランジットで立ち寄ったときに受け取る予定。

Hさんと夕食へ。ベトナムへ来てはじめてのビールが美味い
saigonビールは日本のビールに比べて淡くて軽い飲みごたえ。かすかにライムのような香りがしました。
フォーは海老が乗ったあっさり系。カッペリーニのような細麺で、澄んだスープにライムをたっぷり搾り、名前もしらない葉っぱたちをこまかくちぎってたくさん浮かべて食べました。

一日中汗をかいて、健康的に疲れた身体にしみわたる。あー幸せ
c0188613_170041.jpg


この後は無事にフランスへ・・・?

実はこのあと若干のトラブルが。。

ちょっと長くなるので、つづきはまた書きます
[PR]
by avrildaizawa | 2009-10-24 14:23